ガンプラ製作レビュー

HGBF トライオン3 製作

更新日:

ご訪問ありがとうございます

tanizouです

「ガンダムビルドファイターズトライ」より「トライオン3」の製作1日目です
本日は、ランナーの紹介です
 
HGBF トライオン3 製作
 
 
トライオン3とは ~ピクシブ百科事典より~
大阪の天大寺学園チーム「ビルドバスターズ」の一員となったサカイ・ミナトが、「打倒トライ・ファイターズ」を掲げ、ガンプラ心形流の門下生として持てる技術の全てを注ぎ込んで完成させたガンプラ。
心形流の極意をミナトなりに形にした機体でもあり、既存のガンダム作品の垣根を超えた自由さはメイジン・カワグチすら言葉を失った程。
ミナトの兄弟子であるヤサカ・マオが「魔王」の名を冠したガンプラを用いていたのに対して「勇者」を彷彿とさせる外見を持ち、その出で立ちから「最強機動トライオン3」とも呼ばれる。

ZZガンダムをベースにしたガンダムトライゼータを更に改修・発展させたガンプラであり、「ガンダムトライゼータに続編が存在していたら」という設定で制作された。
スーパーロボット然としたガンダムトライゼータのスタイリングはそのままに、トライゼータではオミットされていたZZガンダムの分離・変形機構を復活させており、3機のトライマシンが「レッツ・トライ・オン」のコールと共に合体する事で完成する。
その性質上、合体状態に於いては3人一組での操作が基本となり、ミナトがメインパイロットを務め、チームメンバーのイサカ・ヒデオおよびサトウ・ハルトがミナトの操縦のサポートを行う。

トライオン3を構成するトライマシンは、運用時にコア・ファイターが必至となっていたΖΖガンダムの各メカニックとは違ってそれぞれが独立したメカニックとして活動可能であり、分離状態であっても高い戦闘能力を発揮する。
しかし本機の真髄は三機のガンプラが合体する事にあり、ガンプラ3機分の出力を1機に集約する事による高出力はガンプラバトルでも有利に働き、チーム戦に於ける三対一というハンデも物ともしない。
ガンプラバトル選手権の公式ルールではモビルアーマーに近い考え方ができるが、あえて機体の大型化はせず、ファイターの操縦技術を加味した機体単独での性能向上に充てており、これによって高い潜在能力を発揮する。

ガンプラ同士の合体を前提にするという、チーム戦に於いて異質とも取れるコンセプトを持つ機体であるが、これは各々が別々の進路へ進む事になったチームメンバー達の「一日でも長くガンプラバトルを続けたい」という願い、そしてミナトに後を託して自らチームの補欠となったコデラ・マサミの思いを形にした結果であり、その想いの強さがガンプラバトルでの強さに直結している。

なお、変形・合体ギミックを有するその性質上、合体時には大きな隙が生じるが、合体時に放出される余剰粒子で形成されたエンブレムをバリアにする事で合体中に敵の攻撃に晒されるデメリットを軽減している。
このバリアと同様の効果は合体後もトライオン3の装甲表面に定着され、合体ガンプラ特有の防御力の低さをカバーしているが、機体の粒子貯蔵量が低下するとそれに比例してバリアの効果が薄れていく為、長期戦には向かないという欠点を持つ。

 
 
 
HGBF トライオン3 製作
HGBF トライオン3 製作
HGBF トライオン3 製作
HGBF トライオン3 製作
HGBF トライオン3 製作
HGBF トライオン3 製作
ここまでZZからの流用になります
バックパック以外のパーツがすべてそろっている状態です。
ここからトライオン3の新規パーツですです
 
HGBF トライオン3 製作
HGBF トライオン3 製作
 
クリアパーツ&ポリキャップ
HGBF トライオン3 製作
HGBF トライオン3 製作
HGBF トライオン3 製作
シールは意外に少なめです。
リクトライオンの牙などは、部分塗装する予定です。
 
 
本日は以上になります
明日は、胴体~頭の作製を行います
 
長文ご拝読ありがとうございました
 
 

カテゴリー

カテゴリー

-ガンプラ製作レビュー

Copyright© 初心者でもできる!ヤフオクで売れるガンプラ製作レビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.