初心者でもできる!ヤフオクで売れるガンプラ製作

無塗装ガンプラ完成品のヤフオク販売で積み上げたノウハウと、ガンプラ製作記をご紹介します。製作代行も承ります。

マイクロセラブレード使ってみました【ガンプラ作製に使っている道具紹介】

   

ご訪問ありがとうございます。

tanizouです。

本日は、本当に久々に、ガンプラ製作ツールを購入しましたので、その使用感等をレポートさせていただこうと思っています。

思えば、ガンプラ製作ツールを購入したのは、半年前のラインチゼル以来です。どんだけ道具にお金を使わないんや!とおしかりを受けそうです。

でも、あれですよね、必要に感じないとどんな素敵な道具でも「猫に小判」状態になってしまうじゃないですか。だもんで、中々NEWアイテムの導入に踏み切れないtanizouなのですが、今回購入したアイテムは、「マイクロセラブレード」です。前々から気になっていたんですよ、このアイテム。ガンプラ製作テクニックの一つ「カンナ削り」が楽々できる、という噂のアイテムです。

長い前置きでしたが実際使用してみた感想をお伝えします

 

 

マイクロセラブレードってこんなやつ

マイクロセラブレード使ってみました【ガンプラ作製に使っている道具紹介】

形状はまんまデザインナイフですね。手に取った印象もまんまデザインナイフです。

ただ、デザインナイフは若干トップヘビーで刃先に重心が寄っているのに対し、スクレイパーは中心に重心がある感じです。だからなんやねんって言われると困るのですが、細かい作業には向いてそうな感じです。

 

刃先のアップ

マイクロセラブレード使ってみました【ガンプラ作製に使っている道具紹介】

刃先はセラミックです。背景の方眼が約1cmなのでかなり小さな葉です。刃といってもナイフのように切れるわけではないので、指で触っても流血沙汰にはなりません。

ただ、セラミックですので衝撃にはよわい(はず)です。落とさないように注意しましょう。

約45度の角度が付いた刃先ですので、ペンを使うような感覚で使用することができます。

マイクロセラブレード使ってみました【ガンプラ作製に使っている道具紹介】

横から見るとこんな感じです。非常に薄いですが、使用中に割れそうな感じはしません。

 

 

スポンサーリンク


実際に使ってみた

いわゆるカンナがけです。

削りたい面に対して刃を45度くらいに傾けてください。傾けた側に「シュッシュ」と軽くこするように動かすだけで、見る見る表面が削れます。

最初は刃がパーツ面にしっかり当てるのが難しいかもしれませんが、すぐなれます。

 

削る前:パーツのサイドにパーティングラインが走っています
マイクロセラブレード使ってみました【ガンプラ作製に使っている道具紹介】

 

削った後:きれいに消えているのがわかります
マイクロセラブレード使ってみました【ガンプラ作製に使っている道具紹介】

 

 

使ってみた感想

すいすい削れます!これはイイ!

アートナイフで代用できるんじゃないか?というご意見もありそうですが、少なくとも私が使用しているオルファの「アートナイフプロ」では太刀打ちできません。

太刀打ちできないポイントは「刃のしなりの有無」です。

アートナイフの刃は非常に薄く、少しの引っかかりでも刃が「反って」しまいうまく削れない場合があります。

一方、セラブレードは、刃が小さく厚みがあり、さらに硬度も高いため、刃がしなることなく確実に表面を削ってくれます。

さらにはアートナイフのようにパーツを「えぐって」しまうこともありませんので、工作精度は格段に上がりました。

削った跡も、800番のやすりで削った程度の表面感です。メラミンスポンジ磨き&トップコートで削り跡は完全に見えなくなるります。

また、刃先が小さいので細かい場所をピンポイントで削れるのもセラブレードならではの利点かと

 

 

セラブレードを使えそうな場面

以下の3段階で評価しています。あくまでもtanizouの主観です

すごく使える・・・◎
使える・・・○
う~ん微妙・・・▲

 

◆平面のパーティングライン処理 評価▲

いきなり▲ですが…ちょっと微妙というか、パーツ形状というかヒケの有無に左右されます。ヒケのくぼみに弱いです。中々削れません。ヒケさえなければすいすい削れるのですが…tanizouは平面のパーティングライン処理には使わないと思います。おとなしくヤスリスティック使います

 

◆曲面のパーティングライン処理 評価○

関節パーツによくみられるパーティングライン。あれの処理には大活躍します。ヤスリは曲面の処理には適していませんので、セラブレードの独壇場ですね。ただ、注意しないとエッジをなめてしまいます。慣れが必要ですね

 

◆エッジ出し 評価◎

これは使えます!特に細いC面の処理やバンダイエッジ潰しに大活躍です。

 

◆合わせ目消し 評価◎

これも使えます。固まった「むにゅ」を削るのに大活躍。前述の通りデコボコを拾って刃がしなったりしないので、すいすい削れます。

 

◆総合評価 ◎

買って良かった!久々にお金使って良かった!そう思える一品です。やっぱり新しい道具はテンションあがりますね。「薄く削る」作業はセラブレードだけでOKですね。

 

本日は以上になります
長文ご拝読ありがとうございました

 

スポンサーリンク

 

【お知らせ】

「ガンプラの作り方」サイト作りました

ガンプラを初めて作ろうと思っている方に向けて、最低揃えるべき道具と作り方の手順を、
初心者からステップアップしたいと思っている方に、完成度をあげるためのテクニックをわかりやすくご説明します。

ガンプラ製作の手順・テクニック・お勧めの道具教えます

 

ガンプラ製作代行うけたまわります

お値段はヤフオクでの落札価格を参考に、抑えめの設定をしております。

HG:3000円~ HG以外:5000円~

また、基本料金+オプション追加制なので、わかりやすい価格体系になっています。
ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ下記のリンクよりご訪問ください。 

 

スポンサーリンク



 

 

 - ガンプラ製作道具紹介 , , ,