ガンプラ製作テクニック

ガンプラ製作のスピードアップ・効率化 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】

更新日:

ご訪問ありがとうございます
tanizouです

本日は、ヤフオクで売るガンプラ製作テクニックとして、
効率のよいガンプラの作り方をご紹介します

ヤフオクでガンプラを販売している人にとって、1カ月に製作できる数がそのまま収益に直結します。
学業や本業の合間に趣味としてガンプラ製作を行っている場合は、いかに効率よくガンプラを組み立てられるかが、カギになってきます。
しかし効率を求めすぎて、「手抜き」になってしまっては本末転倒です。
丁寧に時間をかけるところ、素早く効率よく作業を行うところ、メリハリが大切です。

これから紹介する手法を見て、「な~んだ。大したことないな」と思われるかもしれませんが、
私はこの手法を実施することで、HG4体/1カ月が限界だった制作スピードが、HG5体/1カ月まで上がりました。
ぜひご参照ください。

 

ガンプラ製作のスピードアップ・効率化 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】
ガンプラ製作のスピードアップ・効率化 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】

①ランナーからすべてのパーツを切り離す。

みなさん、ランナーからのパーツの切り取りはどのように行っていますか?
説明書の手順単位にパーツ切り離し⇒ゲート処理を繰り返していないでしょうか?
もちろん、そのやり方自体は間違いではないのですが、 ニッパー⇒アートナイフ⇒やすりとツールを持ち変えたり、パーツを切り離すたびにランナーを探したりする時間が非常にもったいないです。

そこでtanizouは、一気にランナーからパーツを切り離します。
切り離したパーツは部位ごとに小分けにし、パーツを探す手間を省いています

ガンプラ製作のスピードアップ・効率化 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】
使用しているのは、百均で売っている浅目のプラスチックトレイです。
これを使用して、胴+頭、右腕、左腕、右足、左足、背負いモノ、武器その他、ぐらいに分けて管理しています。

ランナーから切り離した後は、ニッパーによるゲートの二度切りを一気に行います。

ここまでで、使用するツールはニッパー1本です。
HGなら、1時間~1時間半ほどで完了します。
この手法は、単に作業効率を上げるだけでなく、次に紹介する手法の布石にもなります

 

 

スポンサーリンク

②製作手順を考える

①で紹介した、ニッパー作業の最中に、仕上げのイメージを考えます。

「ここにメタルパーツ埋めようか」
「ドライブラシが必要だな」
「ディティールが細かいから、パステルシャドウは筆で行おうか」

といった感じで、作業内容を固めながらニッパー作業を行います。

作業内容が固まったら、それに合わせて製作手順を組み立てます。
結構これが重要で、手順を考えておかないと、組み立てたパーツをばらしたり等の後戻りが発生し、結果的に作業効率が下がります。

私が考える、製作手順は「墨入れを施した素組」を基本として、以下の項目の有無で決めます。
これは人によって違うと思うので、あくまでも考え方一例ととらえてください。

・ドライブラシをかけるのか?
・綿棒によるパステルシャドウを施すのか?
・筆によるパステルシャドウを施すのか?
・メタルパーツによるディティールアップを行うのか?

 

ドライブラシをかける場合

ドライブラシは、おもに関節などのフレーム部の濃色パーツに施すことが多いです。
そういった部分は他のパーツに隠れていたり、入り組んでいることが多いため、組み立てる前にドライブラシを施す必要があります。
さらに、ドライブラシ後はトップコートを施さないと色落ちしてしまいます。
以上のことから、ドライブラシをかける場合は必然的に

ゲート処理
 ↓
ドライブラシ
 ↓
トップコート
 ↓
組み立て
 ↓
トップコート

という手順になります

 

 

綿棒によるパステルシャドウを施す場合

綿棒を使ったパステルシャドウは、キット組み立て後に行います。
ドライブラシと違い、パーツの状態でシャドウを施すと、
パーツ間でシャドウの乗り方が違ってしまい、非常にちぐはぐな見え方になってしまうからです。
また、綿棒を使ったパステルシャドウは、つや消し前でも十分パステルを付着させることが可能です。

以上のことから、綿棒を使ったパステルシャドウを施す場合は

ゲート処理
 ↓
組み立て
 ↓
パステルシャドウ
 ↓
トップコート

という手順になります

 

 

筆によるパステルシャドウを施す場合

綿棒で施す場合とは違い、つや消しを施した後でないと、筆によるパステルシャドウは行えません。
(パステルがパーツに付着しません) よって、手順は以下のようになります。

ゲート処理
 ↓
組み立て
 ↓
トップコート
 ↓
パステルシャドウ
 ↓
トップコート

 

 

ガンプラ製作のスピードアップ・効率化 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】
ガンプラ製作のスピードアップ・効率化 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】

メタルパーツによるディティールアップを行う場合

メタルパーツを取り付ける際は、必ずピンバイスで開口することになります
パステルシャドウやドライブラシを施した後に穴をあけると、その周辺だけ「キレイ」な状態になってしまい、違和感が出ます。
よって、メタルパーツによるディティールアップを行う場合は、 ドライブラシや、パステルシャドウの前に施す必要があります。

 

 

最終的にはこれらの項目の組合わせで、作業手順を考えています
たとえば、「ドライブラシ+綿棒によるパステルシャドウ」を施すのであれば

ゲート処理
 ↓
ドライブラシ
 ↓
トップコート
 ↓
組み立て
 ↓
パステルシャドウ
 ↓
トップコート

という手順になります。

以上は、あくまでも「私の場合」という例になります。
大事なのは、「手順を事前に考えて」「作業の後戻りを防止する」ことです。
非常に単純ではありますが、効率よくガンプラを製作したい方はご参照いただければと思います

本日は以上になります
長文ご拝読ありがとうございました

 

スポンサーリンク

 

ガンプラは作らなくていい

「時間がない」「不器用だから」
そんな理由で
ガンプラをあきらめているアナタへ
ガンプラ製作を「依頼する」ことを考えてみませんか?

◆HG¥3,000~ HG以外¥5,000~の低価格
◆オプションごとに設定された明朗な料金体系
◆最短2週間のスピード製作

まずは料金体系をご確認ください

料金を見てみる

 

【お知らせ】ツイッター始めました

日々のガンプラ製作状況や、細かすぎてブログには書ききれないテクニックや便利道具をポストします。下のバナーをクリック!

ガンプラ製作のスピードアップ・効率化 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】

 

スポンサーリンク

 

カテゴリー

カテゴリー

-ガンプラ製作テクニック

Copyright© 初心者でもできる!ヤフオクで売れるガンプラ製作レビュー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.