初心者でもできる!ヤフオクで売れるガンプラ製作レビュー

無塗装ガンプラ完成品のヤフオク販売で積み上げたノウハウと、ガンプラ製作レビューをご紹介します。製作代行も承ります。

新規モールド堀り(スジ彫り)のやり方 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】

      2016/06/27

ご訪問ありがとうございます。
tanizouです
 
 
本日は、初心者のための、ヤフオクで売るガンプラ製作テクニックとして
「新規モールド(スジ彫り)の掘り方」をお伝えします。
 
既存モールドに対して堀直しを行う方法は、下記の投稿をご参照ください。
 
 
 
HGは一般的にディティールが簡素になっていますので、大きなパーツなどは、少し物足りない印象になります
そこで、新規モールドを追加し、密度感とリアル感を出します。
新規のモールドを追加した例がこちらになります
 
新規モールド堀り(スジ彫り)のやり方 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】
新規モールド堀り(スジ彫り)のやり方 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】
 
 
 
 

モールド追加に使用するツール

ラインチゼル

表面を削るように、ラインを加えていくための道具です。
ケガキ針とは違い、より正確に深く溝を掘ることができます。
スケールに合わせて、0.1mm~刃のサイズを選べます。
1/144ならば、0.15㎜か0.2㎜がぴったりだと思います。
私は0.15㎜の刃を愛用しています

 

ケガキ針

ライチゼルで掘る前のガイドラインをこれで引きます。
 

 

使用感などはこちらの投稿をご参照ください

 

ケガキ針とラインチゼルの違いについてはこちらをご参照ください

 

ガイドテープ

スジ彫り用のガイドテープです
薄いプラ板の片面が粘着テープになっています。
通常のテープより厚く、硬度が高いためしっかりとガイドしてくれます。
正直これがなかったら、まともにラインを削ることができません。
 

 

 

 
スポンサーリンク


新規モールド追加のやり方

実際の工程をご紹介します。

①シャーペンで大体のラインを書く

新規モールド堀り(スジ彫り)のやり方 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】
 
まずは、シャープペンなどで、スジ彫りを追加したい場所に大体のラインを引きます。
上の写真ですと、膝装甲、脛装甲、脹脛のスラスターカバーにラインを引いています
正確にラインを引く必要はありません。あくまでも目安です。
 
 

②ガイドテープを貼る

新規モールド堀り(スジ彫り)のやり方 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】
 
続いて、先ほど引いたラインに沿って、ガイドテープを張り付けていきます
今回使っているガイドテープは、多少の曲面ならば、しっかりくっついてくれます。
 
 

③モールドを掘る

このガイドテープに沿ってスジ彫りを行うのですが、いきなりラインチゼルを使わずに、ケガキ針で、軽くけがいた方が、失敗が少ないです。
ケガキ針で作られた浅い溝に添わせることで、ラインチゼルの刃先がぶれにくくなります
 
新規モールド堀り(スジ彫り)のやり方 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】
 
同じ場所を何度かに分けて掘った結果がこちらです。
きれいなラインが引けているかと思います。
 
深く掘れば掘るほど、はっきりとしたモールドになります。
スミ入れ後もくっきりとした色になります。今回は、1か所につき5回ラインチゼルで掘りました。
力の入れ具合や、モールドのはっきり度合の好みにより、その回数は変わるかと思いますので、何度か練習してみてください
 
 

新規モールド追加完成

新規モールド堀り(スジ彫り)のやり方 【ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】
 
右が新規モールド追加後です
密度が上がって、よりメカらしさが出たかと思います。
 
 
本日は以上になります
長文ご拝読ありがとうございました。
 
 
スポンサーリンク

 

ガンプラは作らなくていい

「時間がない」「不器用だから」
そんな理由で
ガンプラをあきらめているアナタへ
ガンプラ製作を「依頼する」ことを考えてみませんか?

◆HG¥3,000~ HG以外¥5,000~の低価格
◆オプションごとに設定された明朗な料金体系
◆最短2週間のスピード製作

まずは料金体系をご確認ください

料金を見てみる

 

【お知らせ】

「ガンプラの作り方」サイト作りました

ガンプラを初めて作ろうと思っている方に向けて、最低揃えるべき道具と作り方の手順を、
初心者からステップアップしたいと思っている方に、完成度をあげるためのテクニックをわかりやすくご説明します。

ガンプラ製作の手順・テクニック・お勧めの道具教えます

 

スポンサーリンク

 
 
 
 

 - ガンプラ製作テクニック