初心者でもできる!ヤフオクで売れるガンプラ製作

無塗装ガンプラ完成品のヤフオク販売で積み上げたノウハウと、ガンプラ製作記をご紹介します。製作代行も承ります。

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

      2017/03/06

ご訪問ありがとうございます
Tanizouです

本日は、「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」より「HGUC ハイゴッグ」の製作レビューをお届けします
まぁ、ほんといまさらではありますが、前々から作ってみたかったんです。
合わせ目が目立つパーツ構成であることが分かっていたんで敬遠していたんですが、制作技術が向上し合わせ目をきれいに消せるようになってきた事も、「いまさら作ってみた」理由の一つです。

今回は完成品の紹介まで一気に行いたいと思います

 

 

ハイゴッグの胴体パーツ

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

パーツがでかい!そして合わせ目だらけ。いきなりくじけそうです。
モノアイがクリアパーツなのは点数が高いですね。モノアイ周りの黒い部分はシールで色分けすることになるのですが、きれいに貼れそうにないので部分塗装します

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

う~ん。ちょっとわかりにくくてすいません

①頭の頂点から肩にかけての合わせ目は、段落ちモールド化しました
②脇は合わせ目けしを施しました
③胸の合わせ目は…かなり大きい隙間が空くので、「そういうデザインなんだ!」と思い込むことにしました
④背中のバックパックは合わせ目けしを施しました

う~ん、う~ん。前途多難です

 

 

スポンサーリンク


ハイゴッグの脚パーツ製作

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

以外にも、ひざ下と股関節部分以外合わせ目が出ません。太ももに当たる部分は、もともと段差があるパーツみたいです

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

ひざ下と股関節パーツは合わせ目けしを施しました
さらに、ひざ下パーツの丸モールドはピンバイスで開口済みです
足裏も、成型色では味気なかったので、ジャーマングレーで筆塗しました。

 

 

ハイゴッグの腕パーツ製作

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】 HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

パーツ数多い!!!
腕の関節はすべてABS素材です。合わせ目が出ますが、通常のセメントでは「むにゅ」ができないので、表面処理でできるだけ合わせ目が目立たないようにします。もちろんガンダムマーカーによるスミイレは厳禁です!スミイレしたいのであれば、クリアーのトップコートを拭いてからにしてください。絶対にパーツ破損します

肩もがっつりモナカ割です。これは合わせ目けしを行うことで対応します
また前腕部?手の甲?の部分も合わせ目が出ますので、ここも合わせ目けしを行います。

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

肩の丸モールドはピンバイスで開口しています
さらに、肩パーツの裏側をジャーマングレーで筆塗しました。これだけ広い面積に筆塗するのは初めてですが、かなりきれいに濡れたと思っています。(写真は無いのですが…)

 

さて、今回は新たな仕上げ手法にチャレンジします。さらに新しいディティールアップパーツも投入するつもりです。例のごとくガンプラ用ではなく、他の用途で使われるものを流用しました。

 

以下、完成品のご紹介です

 

 

ハイゴッグの全身をぐるりと

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】 HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】 HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

パッと見て、どこがいつもと違うかわかりますか?

正解は、「筆塗りによるチッピングを全身に施してみた」です

いかがでしょうか?初めてにしては、それなりのものに仕上がったかな…?と思っています

 

 

ハイゴッグの部分アップ

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

ご尊顔です。胴体前面の合わせ目は隙間が空くレベルのおパーツ精度でしたが、チッピング+パステルシャドウで何とかごまかせたかなと思っています
顔の横に配されているミサイルは、丸モールドのようにメタルパーツ化してみました。

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

腰のグレー部分にもメタルパーツを施しています。今回は新アイテム「ICソケットピン」を逆さまにつけてみました。
いつも使っているカシメ玉とは違い、ディティールが非常に細かいため、よりリアル感が出ます

 

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

背中のバーニアにもICソケットピンを差し込んでします。1.8㎜の穴をピンバイスであけて差し込むだけの簡単ディティールアップです

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

ちなみに、お尻にもICソケットピンを施しています
腰回りは、チッピング施しすぎたと反省しております。

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

肩の合わせ目はセメントを使って合わせ目けしを施しました。丸モールドはすべてピンバイスで開口しています

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】 HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

前腕?手の甲?の部分の合わせ目も、セメントを使って合わせ目けしを】施しています。内側のパイプはシルバーで部分塗装しました。

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

腕の内部フレームは、表面処理により合わせ目を目立たなくさせています

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

膝板のパーツもセメントで合わせ目けしを。外側の丸モールドはピンバイスで開口しています

 

 

ハイゴッグのポージング&可動範囲

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

あおり気味に。ハイゴッグはポージングをつけるというよりは、そのまま立たせているだけでもカッコいいわけです。この角度だと、肩アーマーの裏側をジャーマングレーで筆塗したことが分かりますかね。
大きく目立つパーツなんで、裏側が水色の成型色だと、いまいちな感じがしましたので、かなり広い範囲ではありますが筆塗を施しました。
ムラもなく綺麗に塗れたとホクホクしています

HGUC ハイゴッグ 製作&完成品レビュー【ヤフオクで売るためのガンプラ製作】

えっと、これなんて言うんでしたっけ?手のひらからミサイル、バーンです。腕はほんと自由自在に稼働します。
足の可動範囲はお察しレベルなんで、ほんと「立たせて、魅せる」キットだと感じます

 

本日は以上になります

古いキットです。合わせ目だらけですし、パーツの精度も決していいものではありません。
しかし、あのゴッグが、「Hi」が付くだけでこんなにかっこよくなるなんて!その圧倒的な存在感は、実物を手にしないと絶対に伝わりません!
合わせ目消しにある程度自信がついたら、一度チャレンジしてみてください。キット後悔しないと思います。

 

長文ご拝読ありがとうございました

 

スポンサーリンク

 

【お知らせ】

「ガンプラの作り方」サイト作りました

ガンプラを初めて作ろうと思っている方に向けて、最低揃えるべき道具と作り方の手順を、
初心者からステップアップしたいと思っている方に、完成度をあげるためのテクニックをわかりやすくご説明します。

ガンプラ製作の手順・テクニック・お勧めの道具教えます

 

ガンプラ製作代行うけたまわります

お値段はヤフオクでの落札価格を参考に、抑えめの設定をしております。

HG:3000円~ HG以外:5000円~

また、基本料金+オプション追加制なので、わかりやすい価格体系になっています。
ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ下記のリンクよりご訪問ください。 

 

スポンサーリンク



 


 

 

 - ガンプラ完成品レビュー, ガンプラ製作レビュー ,