初心者でもできる!ヤフオクで売れるガンプラ製作

無塗装ガンプラ完成品のヤフオク販売で積み上げたノウハウと、ガンプラ製作記をご紹介します。製作代行も承ります。

HGUC ジムⅡセミストライカー 製作【ガンプラ製作代行依頼 進捗報告1】

      2016/01/04

tanizouです

「機動戦士ガンダムUC」より「HG ジムⅡセミストライカー」の製作代行依頼の進捗報告です

M様、ご依頼および、WEB公開の許可ありがとうございました。
今回のオーダーは
基本工作に加え、オプションで
 
・パステルシャドウ
・ドライブラシ
・ヒケ・パーティングラインの処理
・堀直しによる、角への墨入れ
 
をいただいております
 
堀直しによる、角への墨入れのやり方はこちら

パーティングラインの処理のやり方はこちら
パステルシャドウのやり方はこちら
ドライブラシのやり方はこちら

 
本日は、頭・腰・胴体を完成させました
HGUC ジムⅡセミストライカー 製作【ガンプラ製作代行依頼 進捗報告1】
 
 
ジムⅡセミストライカーとは ~ウィキペディアより~

トリントン基地に配備されたジムIIを現地改修した機体で、型式番号上の変更はない。

両肩部と左前腕部に増加装甲を追加しているが、既存機体の補充パーツを再利用したもの[6]とも、両肩部増加装甲はレプリカでウェラブル・アーマーではなく、左前腕部増加装甲も実際の予備パーツかレプリカかは不明[7]。前腕部増加装甲の小型シールドはガンダリウム合金となっている[7]。白兵戦兵器としてツイン・ビーム・スピアを装備し、OSも一定の近接戦闘モーションに特化した書き換えがなされている[7]。機体カラーは通常機と同じデザートピンクと紺。ジオン軍残党のイフリート・シュナイドと戦闘になるが、クナイで胴体を刺され破壊された。

■胴パーツ
HGUC ジムⅡセミストライカー 製作【ガンプラ製作代行依頼 進捗報告1】
パーツはジムⅡの色違いです。
ごく標準的なパーツ構成です
HGUC ジムⅡセミストライカー 製作【ガンプラ製作代行依頼 進捗報告1】
胸のえんじ色と、腰のオフホワイトはシールによる塗り分けです
■頭パーツ
HGUC ジムⅡセミストライカー 製作【ガンプラ製作代行依頼 進捗報告1】
単純な作りですが、バイザー内部のディティールはかなり作りこまれています。
ジムが実はツインアイだったこともはっきりわかります。
HGUC ジムⅡセミストライカー 製作【ガンプラ製作代行依頼 進捗報告1】
今回は、バイザー内部をシルバーで塗りました、
何もしないより、光を拾ってくれやすくなるはずです。
HGUC ジムⅡセミストライカー 製作【ガンプラ製作代行依頼 進捗報告1】
頭が完成しました。
安定のジム顔です。
■腰パーツ
HGUC ジムⅡセミストライカー 製作【ガンプラ製作代行依頼 進捗報告1】
フロントスカートは、独立可動化しています。
極々、標準的なパーツ構成です
HGUC ジムⅡセミストライカー 製作【ガンプラ製作代行依頼 進捗報告1】
本日は以上になります
長文ご拝読ありがとうございました
 
 

 - ガンプラ製作レビュー